「まー君の神学生日記」58

まーくんの神学生日記

コロナのせいで授業が2月までずれ込み、変則的な時間割になってしまったが、いよいよ卒業までカウントダウンが始まった。卒論も出し終わり、授業のレポートも気合で3日間で終わらせ、後は「研修教会において学んだ事」を提出すればお終いである。

長いようで短かった5年間。お世話になった人たちには感謝しかない。伊丹教会での信徒生活はこれでお終いとなり、4月からは牧師として新たな歩みを始める。別れと出会いの季節がもうすぐ来るのである。卒業を経験したのは大学生以来だから、30年近く前になる。まさか50になって卒業式に当事者として出席するとは夢にも思わなかった。

しかしこれが「神の導き」というやつで、人には想像できない事を、神はされるのである。皆さんも予想できない神の導きを、楽しんで歩む事ができればいいですね。

まだまだ冬はこれからです。コロナだけでなく風邪にも気を付けて、お過ごし下さいますように。

ではまた(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました