礼拝メッセージ

「出会いによって」

パウロは自らのことを、次のように語っています・・・ 「わたしは8日目に割礼を受けた者、イスラエルの民族に属するもの、ベニヤミン族の出身、へブル人の 中のへブル人、律法の上ではパリサイ人、熱心の点では教会の迫害者、律法の義につい...
礼拝メッセージ

『地上で心を合わせるなら』

罪を犯した人に対しての接し方の勧告をマタイは語ります。 ◆「行って、二人だけの所で忠告しなさい」と勧めます。 これは、出掛けて行き関係を断ち切ることなく、プライバシーに配慮して、個人的に忠告するということでしょう。 ◆一...
礼拝メッセージ

『神の恵みを受け』

「神の恵みをいたずらに受けてはならない」とパウロは語ります。このパウロが語る"恵み"とは何で しょうか・・・。 ユダヤ社会では,伝統的な律法遵守という考えがありました。 パウロもユダヤ人として、この律法教育を受けて育っ ...
タイトルとURLをコピーしました