礼拝メッセージ

『平和をつくりだす』

 明日、8月15日は77回目の”敗戦記念日"を迎えます。そこで『聖書教育」誌は ”平和”をテーマに取り上げています。  さて、聖書には”平和”をテーマとした個所は、いろんなところにみることがで きます。そのうちイザヤ書2...
礼拝メッセージ

『わたしたちの戦い』

 このエペソ書簡が書かれた時代は、ローマ帝国によって地中海世界は治 められていました。この時代はローマの平和(pax romana)といわれ、ローマの 権力によって民衆は抑え込まれた、力による平和です。  次にこの町は、...
礼拝メッセージ

『光の子らしく・・・』

 今日の箇所は、厳しい言葉が続いていきます。「不品行、汚れ、貪欲、・・・ 口にすることさえしてはならない」「卑しい言葉、愚かな話、みだらな冗談をさ けなさい」と勧告しています。何で、といぶかしく思うのですが、そのことを理 ...
礼拝メッセージ

『新しき人を着る』

 著者は先ず、「異邦人のように歩いてはならない」という勧告をしております。 エペソの教会はユダヤ人とギリシャ人(異邦人)の混成教会で、後者の方が多かっ ただろうと思われています。そんな教会に対して、なんで・・・。  ここ...
礼拝メッセージ

『広さ、長さ、高さ、深さ』

 この書簡の著者はここで”父なる神”に、あなた方の内面を強くしてくださるよ うに、そして次にキリストにより、愛によって裏打ちされた生活を送る事ができ るように祈ると語ります。これを読む人たちをおぼえ、熱い祈りでもって支える。 ...
礼拝メッセージ

『わたしたちの平和』

 エペソの教会は、アジア州の中心的な機能を有していたようです。この町は、 港湾都市だったようですから、人々の出入りもきっと多かったでしょう。 使徒行伝19:8-10の「パウロは会堂に入って、三ヶ月のあいだ、大胆に 神の国...
タイトルとURLをコピーしました