『かえりみ、あわれんでください』

礼拝メッセージ

あなたのあかしは驚くべきものです。

それゆえ、わが魂はこれを守ります。

み言葉が開けると光を放って、

無学な者に知恵を与えます。

わたしはあなたの戒めを慕うゆえに,

口を広くあけてあえぎ求めました。 

み名を愛する者に常にされるように、

わたしをかえりみ、わたしをあわれんでください。

あなたの約束にしたがって、わが歩みを確かにし、

すべての不義に支配されないようにしてください。

わたしを人のしえたげからあがなってください。

そうすればわたしは、あなたのさとしを守ります。

み顔をしもべの上に照らし、

あなたの定めを教えてください。

人々があなたのおきてを守らないので、

わが目の涙は川のように流れます。   (新共同訳聖書)

 詩篇119編は、ヘブライ語アルファベット22文字で構成された、いわば❝いろは歌❞です。

ここのところは<ぺ>で始まる語で書かれています。119編は一つの文字が8行で、88×22=176行(節)の詩です。この詩は神様の「律法」の問題を扱っていて、それが貫かれています。

 なお、この詩の、作成年代はBC6世紀バビロン捕囚の頃あるいはその後といわれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました