『平安を祈る』 2021年1月31日 宣教

礼拝メッセージ

 ❝飼う者のない羊のように弱り果てて、倒れている❞群衆を見て、深くあわれまれたイエス様は、「収穫は多いが、働き人が少ない。だから、収穫の主に願って、その収穫のために働き人を送り出すようにしてもらいなさい」と語られました。

 そこでイエス様は、12弟子を呼び寄せられました。彼らはイエス様の使徒として働くことになりました。そのために汚れた霊を追い出す、あらゆる病気・わずらいをいやす権威を授けられました。この方と同じような働きをなすために・・・。

 イエス様が名前を呼ばれると、漁師たちは直ちに網を捨て立ち上がり、舟と父親とを残してイエス様に従いました。そういうことはほんとうに起こるんでしょうか。とても自分には起こり得ない、世のしがらみに振り回されているわたしは・・。

 名を呼ばれることは、その人をその存在の深みから呼び出すことです。表面を覆っているバリヤを突き破って、本来的な姿へ引き出すということです。それが、ガリラヤの漁師に起こり、収税人に起こったのです。ということは、それはわたしたち一人一人に起こるということでもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました