『新しき人を着る』

礼拝メッセージ

 著者は先ず、「異邦人のように歩いてはならない」という勧告をしております。

エペソの教会はユダヤ人とギリシャ人(異邦人)の混成教会で、後者の方が多かっ

ただろうと思われています。そんな教会に対して、なんで・・・。

 ここで著者はエペソの教会に集う人々に”あなた方はキリスト者なのだ、教会人

だ”と語りたい訳です。このことは、この書簡の読者にも語られています。「あな

た方は確かに彼に聞き、彼にあって教えられて、イエスにある真理をそのまま学ん

だはずである」とキリストに立つものとしての信頼があります。決して異邦人のように

放縦に身を委ねるような生き方をしていないと。

 そんなエペソの人たちに、「新しき人」を着ることを勧めます。この「新しき人

=キリスト」のことですが、これはバプテスマのことを指していると思われますが、

一度着たキリストを、もう一度着ることを勧めているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました