『歴史を導く方』

礼拝メッセージ

 人はだれでも夢をみます。ネブカドネザル王もそうでした。ところが王は

”思い悩んで”眠ることが出来なかったと聖書は報告します。

 そこでこの夢を解かせようと、博士、法術士、魔術士、カルデヤ人が招集

されました。王は彼らに、自分の不安を訴えます。当然「その夢をお話下さ

い」と応えますが、王の返答は”夢そのものを言い当てよ。そしてその解き明

かしをせよ”ということでした。これには招集された人々もお手上げだったで

しょう。夢の内容を話せないほど不安は大きく、誰にも理解されない状態にあ

ることを示しています。王は孤独です。日々不安が増していくなか、バビロン

帝国の存亡、そして自らの命が、危機的状況に陥るかもしれない。そのことを

共有することができる人物はどこにもいない。そのことに気付いたのでしょう。

ダニエルは王のもとへと参じ、この出来事を神へと祈ります。神により夢のとき

明かしが示されました。それは歴史を導く方の知恵と知識です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました