『神からの公平(ミシュパート)と義(ツェダカー)』

礼拝メッセージ

 この詩には ❝ソロモンの歌❞ と記されていますが、これは❝ソロモンの作❞または❝ソロモンに捧げられたもの❞との論争がありますが、内容からして後者だろうと言われています。

ミシュパートは英語では「公平」、「公義」、「更正」、と訳され、ツェダカーは「正義」、「義」、「救い」、「権利」と訳出されています。

 ツェダカーは旧約の根本概念で、ミシュパートの源をなします。ツェダカーは神、イスラエル双方の契約関係の成就を意味し、「神と人」「人と人」双方の関係に要求される概念です。

ツェダカーとミシュパートを比べると、前者は倫理性が強く、後者は法的性格が強い。

ツェダカーは不義なる者を裁くと同時に、不義を受け苦しむ者、弱い者、貧し者を救済する。

ツェダカーの履行は必ず貧者、弱者の権利保護、救済、恩恵を与えることとなる。

これら対立両面がこの語句(ツェダカーとミシュパート)において一つになっている。   

ーアレテイア  NO、37より

コメント

タイトルとURLをコピーしました