『神の恵みを受け』

礼拝メッセージ

「神の恵みをいたずらに受けてはならない」とパウロは語ります。このパウロが語る”恵み”とは何で

しょうか・・・。

ユダヤ社会では,伝統的な律法遵守という考えがありました。

パウロもユダヤ人として、この律法教育を受けて育っ

た人でした(ピリピ3:5~6参照)。律法に従い、それを行う。そうすれば神様の”救い”に預かること

ができる。ただこの人生を目指していくのですが、ゴールは見えません。

しかし、あの十字架につけられたイエス様が私に伴ってくださり、私の歩みを下支えしてくださる。

そうすると私たちは神の国へと導かれていく。

私の人生の歩みにイエス様が伴ってくださるということが、「今は恵みの時、今は救いの時」です。

キリスト・イエスが共にいてくださる、インマヌエルの事実(神われらと共にいます)がこのことです。

この喜びを多くの人たちと分かち合いたい。それがパウロの希望でした。

そのために彼は「神と共に働く者」として、自らの働きを語ります。その働きのために「ほめられても、そしられても、悪評でも、好評でも神の僕として使命を果たしている」といいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました