『われらの力』

礼拝メッセージ

 イスラエルの民は、エルサレムの城壁完成後に礼拝を捧げました。

ただただ聖書を朗読しそれを聞くというものでした。エズラが木の台の上に

立ち朗読を始めると、すべての民が泣いたと聖書は語ります。そこでネヘミ

ヤ、エズラ、レビ人、指導者たちは「あなたがたは去って、肥えたものを食

べ、甘いものを飲みなさい。その備えのないものには分けてやりなさい。こ

の日はわれわれの主の聖なる日です。憂えてはならない。主を喜ぶことはあ

なた方の力です。」と語ります。

 共に食卓を囲み、共に喰らう・・・このことを通して、民は大いに喜び、

語られたことを悟ったと言います。どんなことが起こったのでしょうか?

 今日は児童祝福式、礼拝後みんなで愛餐会を持ちます。その食卓を囲む

とき、今日のこの聖書のお話を思い起こしてみましょう。その時何を感じ

るのでしょう。また何を喜ぶことができるのでしょうか。それが私たちの

力であると聖書は語っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました