『少年イエス12歳』

礼拝メッセージ

 ユダヤ社会では、男子が12歳になると青年期になったとされ断食することを

教わり始め13歳になると幼年期を脱し、割礼による<契約の男子>としての宗教

的義務にかかわることが求められました。成人男子は律法により年3回、エルサ

レムへ上り3大祭(春の過越祭、初夏の5旬節、秋の仮庵祭)に行くことが命じ

られていました。女性にはその義務はありませんでしたが、敬虔な家庭ではそう

する人たちも少なくなかったようです。

 さて、12歳の少年イエスを連れて祭のためにエルサレムへ上京したヨセフ・マ

リヤ夫妻。帰路の途中で息子イエスがいないことに気が付き、慌ててエルサレム

へ引き返した父と母は、三日後にエルサレム神殿で見つけることが出来ました。

・・・がその時この少年は宮(神殿)で教師たちと議論をしていたのでした。どこ

か親の思いの枠組みから離れた息子の姿に、ただただ驚きうろたえる両親です・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました