『頼みとする』

礼拝メッセージ

 初めに5章30節、6章1節に目を留めますが、新バビロニア帝国を打ち破り、

覇権を勝ち取ったのはペルシャ帝国でメディ王国ではない。またダリヨスは

メデアの王ではなくペルシャ帝国第三代王。国名、並びに王の名に混乱が見

られます。

 先週の3章では、バビロン王ネブカドネザルは建立した金の象を拝むように

命令を出します。これを破れば、燃える炉に投げ込まれるとも。命令に背いた

ユダヤ人たちは訴えられ、王の側近として仕えていた シャデラク、メシャク、

アベデネゴ3人は捕らえられ、燃え盛る炉の中に投げ込まれました。にもかか

わらず無傷で炉から出てきたのです。これを見て王はユダヤ人の神を”さんび”

したとダニエルは語ります。

 今日の6章では ”ダリヨス王のみを排しより頼む” 事とするという禁令を

出します。しかしダニエルは自分の神を拝するところを見られ、王へ訴えられ

ます。そして獅子(ライオン)の穴へと投げ込まれました。ところがダニエル

は無傷のままその穴から出てきたのです。これを見て王はダニエルが”自分の

神を頼みにしたから”と語ります。どうして同じような事を「繰り返し」て物語る

のでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました