【花の日】

教会の行事

キリスト教行事の一つで6月2週目に行われます。発祥は、アメリカ合衆国のプロテスタント教会で子どもを中心とする礼拝(子供の日)として行われた。

 この季節は花の多い時期で花を持ち寄り教会を飾りその花を持って病人などを慰問し、奉仕と感謝の内に【子どもの日】【花の日】礼拝としている。

 日本では【花の日】として定着し、消防署や各種施設にお花を持って、訪問するようになった。     また、多くのミッションスクールでは花の日礼拝が行われ、訪問が行われている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました